簡単ホームページ作成とタグ★

初めてホームページに挑む方にわかりやすく情報をまとめました。

HTML夕グに名前をつける

次に、HTMLのタグにid属性を使って名前をつけます。
例えば、「<div id=”wrapper”>」の部分では <div> タグに対してwrapperという名前のidを割り当てています。
<div>タグはかなり頻繁に使うタグですので、適切な名前を付けておかないと、どの<div>タグがページのどの部分に対応しているのかがわかり辛くなってしまうからです。
ここは「ページ全体を囲むため」に記述したタグですので、ラッパー(wrapper) というidを付けることに決めました。ちなみに、wrapperはラップ(包装:wrap)するモノという意味です。
もちろん別の名前を付けても、構文的には何の問題もありません。
他にも、意味を明確にしておきたいタグにidを付けておきます。

例:
<nav id=”gNav”>
<section id=”contents”>

上の例では、ナビゲーション<nav>タグに「gNav」、コンテンツエリアの<section>タグに「contents」というidを付けました。
「gNav」の命名理由は、ホームページの上部にあるメニューを一般に「グローバルナビゲーション(global navigation)」と呼ぶからです。
実はここで付けたidは、HTMLとスタイルシート(CSS)を関連付けるときに重要な役割を果たします。

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.