簡単ホームページ作成とタグ★

初めてホームページに挑む方にわかりやすく情報をまとめました。

動画広告

WEBサイトの存在をユーザーに知ってもらう手段として、やや派手なものと言えるのが動画広告です。動画共有サイトの動画で流されるため、人気のある動画に出す場合は費用が高くなります。広告が流れるタイミングとして多いのは、インストリームとインディスプレイ、それにインサーチです。インストリームはその動画が再生される前に流されます。こちらはユーザーがスキップすることも出来るため、スキップされなかった場合にのみ広告費用が発生します。一方インストリーム、インディスプレイはユーザーのクリックで再生する仕組みのため、そのクリックが課金の条件となります。いずれの方法であっても、動画広告は見る者に大きな印象を残します。広告費用は高いのですが、相応の効果は期待できるということです。
さて、動画広告が盛んであることに言及するのであれば、当然SNS広告についても述べないわけにはいきません。最近は動画広告と並んで一般的になったのが、このSNS広告だからです。SNS広告は、FacebookやTwitterといった有名SNS上に掲載される広告を指します。SNSという性質上、広告もまた簡単に拡散されるのが特徴です。スマートフォンで目にするユーザーも多いため、若者をターゲットとした戦略の中で依頼するクライアントも増えています。広告の表示位置は様々で、Facebookであれば投稿ページには必ず出現します。Twitterの場合はユーザーの傾向によって表示される広告が変わるプロモツイートが採用されており、複雑な体系となっています。プロモアカウントも存在するため、多様な広告手段の中から選択することになります。

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.